登山 ときどき秘境駅

栃木県宇都宮市在住。登山と秘境駅のログです。基本ぼっちのアラフォーだよ。

【梅雨の晴れ間】太郎山へ行ってきたよ【群馬のおねぇさまと♪】

f:id:toukoa37:20180609120810j:plain

栃木県 太郎山からの360度大パノラマを堪能中~

 

ずっと行きたいと思っていた太郎山は、眺望よし、高山植物あり、ほどよい高低差ありの3拍子揃った、想像以上の、素敵な場所でした♪

今回は、社山でお会いし意気投合してから、メールのやり取りさせてもらっている群馬県のお姉さまとの登山です。

梅雨入りしたのに快晴に恵まれ、そして途中でお会いした群馬の健脚オジサマ&オバサマ方が、本当に面白くて(*´ω`*)

最後の最後まで楽しめた1日でした~!

あぁ~!幸せの絶頂すぎて、死にたい~(TOT)

 

というわけで、まだまだ感覚戻ってない状態の私でもどうにか行けた太郎山なので、サクッと報告です。ログとかはYAMAP見てちょ。

ピストンだったのですが、ゆっくり休憩しつつ、大体、6時間半ほどで戻って来れる感じでした。

f:id:toukoa37:20180609144840j:plain

8時半 集合 8時50分出発っと。

今回は光徳牧場側からのピストンです。山王峠手前の登山口付近に路駐っとな。

まぁまぁスペースはあるのですが、数台と言ったところ。土日や紅葉シーズンは停める場所ないかも。

群馬のお姉さまとはここで集合。のんびり準備していたら、男女2名が快活に「登山口間違えて、余分に30分歩いちゃったよぉ~」と元気に過ぎ去っていきました。

光徳牧場から歩いてきたとか言ったような??ん?(地図ゴソゴソ)

えっ!? 1時間半近く歩いて!?+30分迷って?からの、太郎山??ウソでしょ?

 

f:id:toukoa37:20180609145505j:plain

驚いていたところに、群馬のお姉さま到着~♪お久しぶりです~♪(*^^*)

と挨拶もそこそこに、我々にとっては長丁場だからね!と、すぐに出発です〜 

のっけから、すくすく成長した笹と、延々の登り。標高差350mを一気に登るよ!

f:id:toukoa37:20180609145727j:plain

まだまだ身体が本調子ではないので、登りきつかった・・・ゼィゼィ(汗)

でも頂上付近になるとこの景色♪ 素敵すぎる&テンション上がる。

ちなみに、登山口ですれ違った2名にここで追いつきました。

やっぱり光徳牧場から太郎山縦走して帰ってくるのだそう。オジサマは74歳でまだまだ体力有り余る感じ。オバサマも普段ソロで登っているらしく、細身ながら軽々と登られていかれて・・・

話がはずんでしまうのですが、まずは目指せ!小太郎山ってことで。

 

f:id:toukoa37:20180609150328j:plain

途中までは下りとやや平坦な道。地図によると大体、標高差で180mくらい下ります。

てことは。。コタローへ行くには、430m登るのかぁ!

 

f:id:toukoa37:20180609151529j:plain

ぜぃぜぃ言いながら、オジサマ達を追いかける。登山道自体はとても整備されていて危険箇所なし。とても歩きやすいですよ。

f:id:toukoa37:20180609151627j:plain

疲れた頃に、シャクナゲパラダイスが待ってました♪

f:id:toukoa37:20180609151708j:plain

癒やされるわ・・・

f:id:toukoa37:20180609152012j:plain

伝わらないだろうけれど、結構急登続きます。まぁ白根湯元コースに比べたら、屁でもありませんが、辛いものは辛いんじゃ~

f:id:toukoa37:20180609152108j:plain

でも頑張った分だけ、いい景色が徐々に見えてくる!

そして息の上がった私達を待っていたのは・・・

f:id:toukoa37:20180609152151j:plain

イワカガミ!めっちゃ咲いてました!でもピンボケしないで撮れたのはこれだけ!

f:id:toukoa37:20180609152620j:plain

 ミツバオウレンかな?ヒメイチゲも撮影したハズなのだけれど、ボケボケでした。

f:id:toukoa37:20180609152647j:plain

 黄色いスミレも咲いていました。キレイ♪

と、次々高山植物がお出迎えしてくれるので、疲れないというか、そもそも先に進まない。 

f:id:toukoa37:20180609152836j:plain

コバイケイソウもにょきにょき出てきていました。今年は咲くのかな?

さて、このいい感じの道を登っていけば、コタロー山はすぐそこ!

f:id:toukoa37:20180609153346j:plain

どーん!コタロー山についたよ~!男体山あたりの青々とした原生林がもう、素晴らしいとしか言いようがない。戦場ヶ原も一望だよ~!

f:id:toukoa37:20180609154005j:plain

どこもかしこも絶景が広がっていて、なにここ?すごい!しか言えない。

すごい。すごすぎる。コタロー山、いいところじゃん!

f:id:toukoa37:20180609154123j:plain

自己主張しない、派手さもない山頂看板もグイグイくるわ。シンプルイズベスト!

山頂広いし、お昼ご飯に最適よ。ここ。

f:id:toukoa37:20180609153619j:plain

でもコタロー山はただの通過点。これから向かう太郎山方面。

もうコタロー山まででいいんじゃないかと、個人的には思っていたり。

あと気づいたけれど、左側にスカイフィッシュ!(←このネタわかる人いるかしら)

 

f:id:toukoa37:20180609154622j:plain

というわけで、太郎山へ向かいます。

途中にあった、ちょっぴり危険な場所「剣ヶ峰」

健脚2名についていってしまって、頑張って降りたけど。

この手前5m左に巻道あります。無理しないでそっちに行こう!

f:id:toukoa37:20180609154756j:plain

笑ってるけど、写真左すぐは崖だかんね!

f:id:toukoa37:20180609154838j:plain

ヒメシャクナゲの群生がいっぱい。かわいい~♪

f:id:toukoa37:20180609154913j:plain

太郎山を捉えた!

f:id:toukoa37:20180609154934j:plain

最後の急斜面を登って・・・

f:id:toukoa37:20180609155018j:plain

お花畑が右手に見えてきたら、山頂はもうすぐそこ!

f:id:toukoa37:20180609155113j:plain

太郎山!こちらの山頂の、クタクタした看板も好きだわ♪タロー!来たよ~♪

f:id:toukoa37:20180609155133j:plain

そして普段ソロで登山されている人たちの、気ままな自由行動タイム♪

今回のメンバーは、まさに スタンドプレーからなるチームワーク と言った感じで、妙な連携プレイとかあったりして。

絶妙すぎて居心地が本当に良かったです。まぁ私は3人の山の話に、全然ついていけなかったんですけどね💦

まだまだ穴が青いわ、私。皆について行けるよう、努力あるのみ!

 

そんでもって、この景色の良さも伝えようといろいろ撮影したのだけれど、やっぱり現実と比べ物にならない。

実際に行って見て、この感動を体感してきて欲しいよ!

f:id:toukoa37:20180609160013j:plain

これからは、もうちょい丁寧に撮影しようかな。

何度も言うけど、天気がいい日に太郎山、いいっすよ。

男体山よりも高低差ないし、人少なめだと思うし。私は断然、こちらをオススメします。

f:id:toukoa37:20180609120810j:plain

山頂恒例の、地図見ながら、あの山は~?

遠くまで見え過ぎて、マジか〜という山まで見えたらしい。

f:id:toukoa37:20180609161442j:plain

あとは腹ごしらえしなら、情報交換とな♪

なんかいいなぁ~こういうの。平日登る上級者狙っていって、いろいろ教えてもらおうかしら?うふふ。

 

f:id:toukoa37:20180609161630j:plain

さて。のんびりもしてられないので、そろそろ帰りますよ~

健脚2名は縦走で、このまま裏男体林道から光徳牧場へ とか凄いこと言っているので、先に行ってもらいます。

今度、私もこのルートで頑張ってみようっと。

 

f:id:toukoa37:20180609161806j:plain

日光の、この案内板。好き。

というわけで、私達は山王峠に戻ります。(健脚2名は新薙へ)

f:id:toukoa37:20180609161857j:plain

さくさく下山して、コタローで最後の絶景を撮影したら、最後の山王帽子山への登り返しでヒィヒィ言って・・・

f:id:toukoa37:20180609161955j:plain

朝撮影し忘れたので。成長した笹が、結構なことになってますので注意ね。

 

f:id:toukoa37:20180609162100j:plain

15時10分 登山口到着

登山口すぐにあるズミが満開でした~

最初から最後まで、花が楽しめた1日でした。

 

帰りはもちろん・・・

f:id:toukoa37:20180609162228j:plain

光徳牧場 アイスクリーム 300円を堪能して帰ってきました♪

 

なんだろ。この満足度400%の楽しい一日ったら、ない。

疲労感もすごいけれど、

「これだから、山はやめれねぇな!」

と思った一日でした。

 

というわけで、太郎山というより、小太郎山、超オススメ。

男体山とかよりも全然イイ。

500円払って登る山(男体山)なんかよりも、帰りに300円のアイスを食べようぜ!

 

 

私は秋あたり。健脚2名を目指して、縦走してこようかと思っています。

 

 

てなわけで、平日なのに山行きまくってるけど、あれれ?この人・・・まさか・・・

そうなんです・・・

6月から。なーんと。

無職になったんです。あはは。

笑い事ではないんですけどね・・・

 

ちょっと忙殺すぎたのと、会社の対応の悪さなどなど。いろいろあって。

限界でした。

 

しばらくは、やりたいと思っていたことなどなど、いろいろ形にしていきたいな と考えています。

しかし、親が、これを機会に、旅行連れて行けとうるさいし。

てか、家の片付けなどなど、意外と雑務いっぱい・・・orz

無職も無職で、何かとツラぃし忙しいものだな・・・

 

【ぼっち】社山へトレーニング【梅雨入り】

f:id:toukoa37:20180607085146j:plain

社山。頂上まではまだまだ手前の岩場にて。

明日から梅雨入りとのニュースを見て。

思わず山へ凸 してしまいました。

 

というわけで、ぼっちでも比較的安全な社山への登山です。

社山って強度的にもいい感じだし、景色もいいし・・・何より携帯つながるし!

ホントは白根隠山に行きたかったのだけれど、今の私には体力的にも技術的にも難しいと判断しました。平日ですし、人が極端に少なくなるので、無理は辞めましょう。

 

ログはこちらにUPしましたので、今回も確認したい方はどうぞ。

社山トレーニング | 社山・半月山 |YAMAP 登山・アウトドアの新定番

YAMAPとブログをどう分けるか・・・全然考えてないけれど、しばらくはこのスタイルで行きますねー

 

てなわけで出発なのだけれど・・・

f:id:toukoa37:20180607090412j:plain

歌ヶ浜駐車場より。超快晴♪

男体山が青々しています。雪景色ばかり見てたから、超新鮮。

f:id:toukoa37:20180607090516j:plain

1時間ほど湖畔を歩く。やっぱり好きだな~この雰囲気。

この日も多くの釣人で賑わっていました。

f:id:toukoa37:20180607090615j:plain

1時間弱ほどで、阿世潟へ到着。

いい感じでウォーミングアップ出来たし、峠に向かってサクサクと登りましょう。

というか、セミの声がすごいな・・・(-_-;)

f:id:toukoa37:20180607090959j:plain

新緑の季節。緑生き生き♪

f:id:toukoa37:20180607091030j:plain

途中、登山道整備されていました。感謝です。

f:id:toukoa37:20180607091302j:plain

阿世潟峠から社山方面へ。

右手には終わりかけのアカヤシオが・・・今年は多忙で見逃していたので嬉しい♪

ここからは延々と結構な登りが続きます。

f:id:toukoa37:20180607091443j:plain

足尾側の山々もよく見えます。

f:id:toukoa37:20180607091516j:plain

途中、雨量計か何かがあるところで休憩。ちょっとエネルギーが足りない・・・

f:id:toukoa37:20180607085146j:plain

そして誰もいないので、恒例の一人撮り♪三脚持ってくればよかった・・・

f:id:toukoa37:20180607091652j:plain

ここから社山方面。この稜線がなんとも言えないのですよ。

さてと。ここからもゼイゼイ言いながら登りまくって・・・

f:id:toukoa37:20180607091751j:plain

はぃ。頂上到着っとな。相変わらず、頂上がっかりだな。

そんでもって結構疲れた・・・そして曇ってきた。。。(´・ω・`)

f:id:toukoa37:20180607091839j:plain

足尾方面を望む。てか私ったら、年齢相応の見事な寸胴体型じゃ・・・(汗)

この、腰のあたりにお肉がついているのがわかるかしらん?

これから山登りまくって、早く取り除かないと~(TOT) くびれぇぇぇ~!

そして、この先の黒檜岳まで行けるぐらいのスキルを身につけるのが、今年の目標です。

f:id:toukoa37:20180607092039j:plain

頂上はあまり眺めがよくないので、軽く休憩したらとっとと下山。

あぁ・・・社山、やっぱりいいなぁ・・・

f:id:toukoa37:20180607092147j:plain

男体山中禅寺湖が、こんなに素敵な場所だったなんて。

社山に登るまで知らなかった。日光って本当に素晴らしい場所。マジで住みたい。

f:id:toukoa37:20180607092329j:plain

登山道が整備されすぎていて、本当に下山しやすいのが社山の良いところ。

鳴虫山ではスピードアップ出来なかったけれど。社山はサクッとです。

湖畔でのんびり昼寝してから帰ります~

ちなみに数メートル先では、釣りに疲れた釣り人さん2名が転がっていました(笑)

ほのぼの 平日の昼下がり♪(*´ω`*)

f:id:toukoa37:20180607092554j:plain

帰りにイタリア領事館だったかな?公園に立ち寄ったら、クリンソウが満開でした♪

そういえば去年、母と千手ヶ浜まで見に行ったんだっけ・・・

うーん。今年はもういっかぁ?

 

さてさて、この先の英国大使館では午後ティーが飲めるらしく、多くの方で賑わっていたので、逃げるように駐車場に戻って今日は終了です!

 

やっぱり社山は、歩きやすいし、眺めもいいし、ほどよい高低差も良いね~!

社山さいこー!

鳴虫山より全然オススメだよー

というわけで適当報告でした!

 

今週末は、この社山でお会いしたお姉さまと、太郎山に行ってくるよ~

 

追伸:

GWぐらいから、月1万PV突破していて、ちょっと焦っています。

こんなにいろいろな方々に見ていただけて、本当に嬉しい反面、適当人間の適当報告なので、参考になっているのか!?と心配になっていたり。

別にこのブログでなにかする気もなくて。ただ書きなぐり程度のものですが。

よろしかったら、これからも温かく見守っていただけると幸いです・・・

【ぼっち】鳴虫山へトレーニング【適当報告】

f:id:toukoa37:20180606192952j:plain

神ノ主山にて恒例の一人撮りなり。

眺めがいい!とか、花が素敵!というわけでもない鳴虫山ですが。

駅から近くてトレーニングに最適!なとこが、なんとなく好き。

 

ここ半年、登山らしい登山してこなかった私にとって、ピッタリの山だなと思いたち。

6月のなんでもない日に、フラフラと。行ってきました。

 

なお、鳴虫山の詳しい情報は東武鉄道さんが出しているので、この地図を見て行けばバッチリですよ。オラも参考にしたぞぃ!

鳴虫山コース 東武線沿線:自然ハイキング「電車でハイキング」

  

補足として伝えておくと、「山頂眺めなし。木の根っこすごい。帰り、憾満ガ淵に降りるなら、整備されてなくて道悪いから気をつけて。」なのが、鳴虫山です。

でも3~4時間ほどで下山できてしまうので、お手軽登山したい方にはオススメですよ。

 

というわけで、今回も適当報告。

ペース配分等はYAMAPにUPしたので、気になった方はご参考に。

鳴虫山トレーニング | 鳴虫山・火戸尻山 |YAMAP 登山・アウトドアの新定番

 

f:id:toukoa37:20180607012757j:plain

駅から鳴虫山へのルートは、看板がいっぱいあるので、まず迷うことはありません。

かなり整備されてるなぁ・・・という感じがしました。

 

f:id:toukoa37:20180607010942j:plain

満開だったあじさいの出来損ないみたいな花。すみません。無知なので名前がわからないです・・・

 

f:id:toukoa37:20180607012939j:plain

歩き始めてすぐにある鳥居。なんとなくこの古めいた雰囲気、私好き。

f:id:toukoa37:20180607013045j:plain

なだらかな坂道を延々と歩く。とても歩きやすい。

けど、ずっと続くから、地味に疲れる。 

f:id:toukoa37:20180606192952j:plain

そしてあっという間に神ノ主山山頂へ。ここまで40分ほど。楽勝です。

f:id:toukoa37:20180607013314j:plain

眺めは女峰山あたりと、日光市街地が一望できる感じです。

ちょっとモヤってるし、奥日光歩いた方が楽しかったかも・・・とやや後悔。

f:id:toukoa37:20180607013453j:plain

鳴虫山恒例の根っこ祭り。でも、とても歩きやすい。

虫の音?というより、これは・・・セミだな!

ミーンミン鳴いていました。もう夏ですね~

汗だくになりながらも、サクサクっと登っていきます。

最近、道なき道ばかり歩いていたからか、登山道のありがたみをしみじみ感じます。

f:id:toukoa37:20180607013604j:plain

1時間半ほどで頂上へ到着っと。

特に感動もなく、歩き足りないモヤモヤを抱えながら、とりあえずおにぎりをもぐもぐ・・・

あ。頂上には、ぼっち2名、家族連れ、カップルがいて、終始ワイワイしてた感じでした。特にカップルが初調理っぽくて、焦りながら携帯コンロ使っていたのが、初々しくて可愛かったなぁ。

私も、あんな風にキャッキャする時期があったら良かったのに・・・(遠い目)

 

と、センチメンタルになったところで、とっとと下山とな。1時から予定があるざんす!

 

帰りは憾満ガ淵方面へ。

ちなみに、こちら方面はあまり整備されているとは言い難く・・・

登山初めたばかりの方は、あまりオススメしません。

家族連れの小学低学年の女の子、途中ギャン泣きしてました。

段差が大きいので、小さいお子さんにとっては、かなり恐怖だったみたいです。

f:id:toukoa37:20180607014133j:plain

てなわけで、合峰というところなのですが。

f:id:toukoa37:20180607014533j:plain

YAMAPの地図で見ると、素麺滝なるところに行けるルートがあるようなのですが、行けないようにロープが・・・

ちょっと立ち入って、先に進んでみましたが・・・

f:id:toukoa37:20180607014707j:plain

一応ロープとかあるので大丈夫かなぁとか思って進んでみましたが、途中から本当に踏み跡がなくなって怖くなったので、撤退っと。

ちょっと、まだ感覚戻ってないので、無茶はやめよう。元ルートに戻りました。

 

f:id:toukoa37:20180607014840j:plain

帰りも足場悪く、スピードアップできずに、出来損ないのアジサイみたいな花を愛でつつ、下山とな。

f:id:toukoa37:20180607014959j:plain

鉄塔が出てきたら、ゴールはすぐそこ!

女峰山方面が本当にキレイに見える~!いい天気だぁ!

というか、こういう金網見ると、沖縄の米軍基地を思い出します。

f:id:toukoa37:20180607015100j:plain

化け地蔵がお出迎え。

f:id:toukoa37:20180607015144j:plain

そして左側は憾満ガ淵の澄んだ川。

あぁ・・・やっぱりここ、いいなぁ・・・・(*´ω`*)

 

トータル3時間ちょいぐらいしか歩いていないけれど、地味に汗だく&疲れ気味。

しかし午後から予定があるので、のんびりもしてられず。

 

サクサクっと通り過ぎて、今回の山行は終了っとな♪

運動不足解消にはやっぱり鳴虫山はお手軽でいいかも♪ オススメですよ♪

 

 

さてさて余談なのですが。

下山後は、東照宮近くでフットケアのイベントがあったのでお邪魔してきました。

f:id:toukoa37:20180606231110j:plain

栗山にある「ゆらら花」さん主催。

登山後の足のむくみがずっと気になっていたので、相談&勉強がてら。

意識高い系の美女子が集まる中、汗だくの私が(足は途中の水道でちゃんと洗ってマス!)途中参加してしまい、なんか申し訳なかったけれど。

2時間、みっちり足もみまくったおかげで、むくみが完全に解消したZE★

特に効果のある足のツボ3点を教えてもらって、日々押しまくっております♪

 

今年はもっといっぱい、山に登っていきたいので。足は大事にしていきたい。

というか、人に揉まれると結構いいネ・・・(•ө•)♡

お値段もお手頃だし、奥鬼怒帰りにマッサージ、お願いしてみようかしら♪(*´ω`*)

 

三沢大滝(仮)へ再び!【地元のおいちゃんと】

f:id:toukoa37:20180505122608j:plain

半年ぶりの三沢大滝(仮)。

相変わらずの迫力はもとより。やっぱりこの滝の醍醐味は、滝下まで行けるところ。

胸いっぱいにマイナスイオン吸い込んで。

※あと、落としてきたマブイを回収して・・・(意味わかんない人はスルーで)

あぁ。。。ここ半年間のストレスが、滝と一緒に溶け出して流されていく・・・

この日は天気が大荒れで、晴れ→突然の雪→霰と、目まぐるしく気温も変わっていく中、帰りは楽しく山菜を採りながら~の。

まさに地元の方の案内があってこそ!の充実した1日を過ごしてきました。

 

というわけで、半年ぶりの更新です。心配おかけしております。

まさに「忙殺」という言葉がしっくりくる状態がここずっと続いていて、やっとこさ、この大型連休で復活しました。

いやはや。1~2月は本当に余裕がなくて、三途の川が薄ら見えたわよ・・・

 

そんな状態でも、ちゃっかり人脈作りだけは頑張っていて。

栗山地区協力隊の若い子達のフォローもあって、猟師のおいちゃんを口説き落とすことに成功!おっしゃー!三沢大滝(仮)にまた行ける!!(*´ω`*)

てなわけで実現した今回の滝ですが、栗山最速を誇る猟師のおいちゃんが連れて行ってくれるってことなので。想像してくださいな。ハィ。

足を引っ張らないようについて行くのに必死なので、写真少ないです。

しかも、開始10分で左膝を強か岩に打ち付けました(汗)

無事に行って帰ってこれたのは、私が凄いのではなく、猟師のおいちゃんが次元を超えて、とにかくすごいだけ。

もっと修行せねば・・・と、自分の力の無さを実感して帰ってきました。

まぁまぁ、とりあえずざっくり報告ね。

 

●8:20 登山開始

三沢大滝(仮)をご存知の方はご周知の通り。地元ルートが存在します。

簡単に言うと、第三堤防のすぐ近くまで行けますが、基本的に立入禁止ゾーンなのと、未舗装のガタガタ道を2kmほど上がるので、まったくもってオススメできません。岩盤弱いから落石多いし・・・

 

でもおかげさまで、前回と比べて格段に楽でした。それでもへっぽこの私は、帰ってくるまで1秒足りとも気が抜けませんでしたが!

f:id:toukoa37:20180505132210j:plain

あっという間に岩ゴロゴロの川沿いに。天気が良いらしいが、もつかな・・・

f:id:toukoa37:20180505132646j:plain

地盤弱くて、崩れてるところ多数あり。これはまだマシな方。

f:id:toukoa37:20180505132748j:plain

土岩?山が一つ崩れたところも教えてもらったんだけれど、撮影忘れちゃった。

f:id:toukoa37:20180505132955j:plain

前回もそうでしたが、獣道を行きます。道なき道をなので地味に疲れる。

でもおいちゃん曰く「沢からのほうが断然楽」だそうです。

何度か渡渉繰り返し。つーか、普通の登山靴だと濡れちゃうし、滑るわね。

ピンスパイク付き長靴、早急に買わなくては。(猟でも使うだろうし)

 

10:40 唐突に三沢大滝(仮)到着

f:id:toukoa37:20180505133930j:plain

まぢか。まだ2時間半も歩いてねーぞ?オィオィ・・・(汗)

f:id:toukoa37:20180505122608j:plain

近くに寄っていって、間違いがないことを確認。真ん中右あたりにあるのは残雪です。

まだまだ残雪が多いせいか、周囲の木々も新緑とは程遠い状態。前回よりも華々しさが足りないような気がしますが、これはこれで。

地元では、ただ「大滝」というそうです。山菜採りついでに見るかーって感覚なので、名前がないのも納得。

でも、ここいら付近だけ空気が変わっていて、やっぱり神聖な感じは相変わらずです。しかもなぜか、雪が降り始める・・・ナンデ?

 

とまぁ20分ほど滝で遊んでから(私だけ。おいちゃんは濡れるからと、遠くから見守ってました)、今回のメーンイベントへ。

 

11:00 帰路へ向かいながら山菜採り

f:id:toukoa37:20180505135435j:plain

と、その前に、こごみの群生がいっぱいあって、思わず持ち帰ることに・・・

f:id:toukoa37:20180505135514j:plain

そして苔モフモフゾーンが本当に素敵なんだよね。ここ。

f:id:toukoa37:20180505135728j:plain

お目当てはこの自生してる天然のわさび。

でもどうやら、根こそぎ持っていかれてるようで・・・

f:id:toukoa37:20180505135849j:plain

仕方なく、2番めの滝を見に行く。前回も来た記憶があるけれど、フラフラで覚えてなかったし、確か近くまで行かなかった気がします。

今回はがしっと。見に行けました。いいねぇ~ちょうど晴れて逆光モードで撮影っとな♪

 

f:id:toukoa37:20180505140145j:plain

ってなわけで、今回の目的!天然のワサビです。

行きに、株を見つけていたらしい(^_^;)

必死すぎてわかんなかったよ、、、

この横でつまみ食いしてたんですが、水菜みたいにシャキシャキでほんのり甘みを感じるけど、最後に奥からわさびの辛味がやっていて超美味しい。

この先、手当たり次第、食べだします。だって美味しいんだもん。

ちなみにここのわさびは、根が育たないそうです(そういう種類なのか???)

f:id:toukoa37:20180505140609j:plain

第3の滝だそうです。矢板のおしらじの滝チックでちょっといいかも。

さてそんなこんな遊んでいたら、なんと!天気悪化で雹が!

ちょっと慌てながらも確実にわさびをゲットするおいちゃん。

f:id:toukoa37:20180505141649j:plain

わさび洗うおいちゃんの横でのんびり休憩とな。

泥っどろのびしょ濡れ状態だけど、楽しすぎて全然気にならないし、川はキレイだし、もうなんか感動とかそういうレベルじゃなくて、心の底から笑いがこみ上げてくる、変なテンション状態になって、おいちゃんに超心配される(汗)

 

14:30  無事到着!

前回よりも楽ではあったけれど、辛いものは辛い~!

お疲れ様でした!てか、まだ太陽高いじゃん・・・

 

帰りは、最近毎週のように通ってる、開運の湯でのんびり。

f:id:toukoa37:20180505144136j:plain

ごめん。日向鉱山の時に撮影した写真、使い回してます!(汗)

 

この日はキャンプ場が大盛況で、小さいお風呂が芋洗い状態になっていたんですよ。 

お風呂から出た後は、地元の人とこたつでのんびり、地元の山情報を教えてもらって~

さて帰ろうとしたら、おいちゃんから電話があり、「まだいるのか~!わさび~ 持ってかえって~」と下茹でした天然わさびをおすそ分けいただきました。

わぁ!最後の最後まですみません!

f:id:toukoa37:20180505130109j:plain

しかもこれがまた、日本酒に合うのなんのって♪

こごみも下茹でして、私は味噌マヨネーズ、母は胡麻和えで1杯♪

次の日はピザにトッピングして食べました。チーズにも合うわ!アク少なくて本当に美味しい〜!

大満足の1日でした!

 

はぁ・・・しかしGW終わったら、また忙殺シーズン到来です。

あと1ヶ月、乗り越えれるかしら・・・(TOT)

 

【鉱物学視点から】日向鉱山跡地へ【再び】

f:id:toukoa37:20180505154250j:plain

日向鉱山跡地にて、閃亜鉛鉱を発見の巻。

今回はちょっと鉱物学視点からの勉強会も兼ねて。5名でのんびりテクテク。

楽しみながら遊んできました。

 

さてさて。去年の秋に鉱山跡に行って以来、あのセピア色の世界にすっかりハマってしまいまして。

yamatetsuko.hatenadiary.jp

ハマると大暴走するタチです。私。

なので、県内の鉱山跡地の把握から県内産出の鉱物までを徹底リサーチしていたところ、この半年の間にいろいろと不思議な出会い、ご縁がありまして。

えぇっと簡単にいうと、同僚にゴリッゴリの鉱物マニアを発見したのと、地元の中学生に鉱物好きがいて。別々に話をしているうちに、どうしても二人を引き合わせたくなってしまって。

この世界、理解者少ないからね。

そこで、以前よりブログを通して交流していたnoster-o氏にバックアップを依頼。

また前回、一緒に鉱山に行った方も、「もう一度行きたい!」とのことだったので、計5名でツアーみたいな感じにして、レッツゴーしてきちゃいました。

当日は予想以上に皆意気投合して、終始笑いが耐えない山行になりましたよ~

というわけで、簡単報告です。今回も場所はお知らせしません。危険箇所が多いため、行きたい方は自分で調べて、行くのも自己責任でお願いします。

 

そんでもって、細かい説明は前回のログを見てもらうとして、今回はざっくり報告にします。

f:id:toukoa37:20180505230458j:plain

最初は廃れた林道を歩いていく。新緑が大変美しく、清々しい。この日は暑くなく寒くなく。天気にも恵まれ、本当に良いハイキング日和でした。

f:id:toukoa37:20180505232249j:plain

このあたりは通行止ながら、車やらバイクやらガンガン入ってきています。

なのでゴミが結構落ちている。しかし、なぜに便器が・・・!

f:id:toukoa37:20180505231204j:plain

林道横を流れる大滝沢。すこぶるキレイ。だけれど、よそ見すると崖から落ちる仕様。 

f:id:toukoa37:20180505231224j:plain

元気っ子中学生が、すごい勢いでトカゲ、ゲット!栗山の自然ばんざーぃ! 

f:id:toukoa37:20180505232737j:plain

鉱山眼の前にやってくる、超危険箇所。はぁ・・。全員無事で良かった~!(TOT)

(てか、これ帰りの写真やってん。ごめん。行き、撮影の余裕なかったの)

f:id:toukoa37:20180505231248j:plain

そして今年もやってきました、日向鉱山跡。相変わらず無数の車輪達がいい味出してます。

f:id:toukoa37:20180505231309j:plain

最初来た時見つけれなかった発掘跡。水ぴちょんでとっても涼しい♪

さて我々山チームはのんびり跡地散策しているのですが、鉱物マニア達はというと・・・

f:id:toukoa37:20180505233205j:plain

鉱山跡地手前にあるズリ(掘り出した鉱石を、振り分けた後のクズが山になった場所。)に釘付け!!というか早速、鉱物学講座開始してます!

f:id:toukoa37:20180505233251j:plain

近寄っていくとなんか楽しそうにコンコンしてる~♪

f:id:toukoa37:20180505233419j:plain

二人に「見つけたよ!」と言われたので、もらって撮影。右が閃亜鉛鉱。左が黄銅鉱。

何もないと思っていたズリにも宝物が!!!いや、これ自体にあんまし価値ないけど。

ただこの鉱山は銅7割亜鉛3割と言っていたので、まさにこの鉱山を表現するに値する鉱石ですね。ふむふむ。ちょっぴり感動。

f:id:toukoa37:20180505233648j:plain

そこまで興味がない我々は、崩れた校舎を見学しつつ裏手に回り、散策っとな。

f:id:toukoa37:20180505233707j:plain

花も咲いてるねぇ~♪など言いながら、のんびり散策して戻ってくると・・・

f:id:toukoa37:20180505233328j:plain

あ、まだやってる・・・(汗)もう1時間近く経過しておりますが、破砕機に見向きもせず、ひたすら目の前に石に戦いを挑んでいる。しかもめっちゃ楽しそう・・・

2名はほっといて、木陰見つけて私達はゆっくりお昼タイム♪ 

で。

f:id:toukoa37:20180506000511j:plain

私達がご飯食べ終わって、そろそろ出発だよ~って時にやっと石を割るのをやめた同僚。ご飯食べてないやん!てなことで、慌てて水分補給もさせながら、本日の釣果について話してもらう。

時間ギリギリまで採取するって事前に聞いていたけれど。本当だったのか。

同僚のオタクっぷりに、さすがの山友2名も興味津々に質問攻め(笑)

f:id:toukoa37:20180505235212j:plain

 これがこの鉱山を表す鉱石。真ん中に水晶、閃亜鉛鉱と黄銅鉱の脈が見える。。。とか言ったと思う。

f:id:toukoa37:20180506000111j:plain

持ち帰ると嬉しそうに見せてくれた鉱石。金属含まれているから、ずっしり重い。

しかし重さと比例して、とっても満足そうな同僚を見て、ついニマニマしてしまう・・・職場と違って生き生きしている姿が見れただけ、オバサンは大満足よ~♪(*´ω`*)

中学生もとっても嬉しそう。うん。二人のこの笑顔が見たかった!

f:id:toukoa37:20180505233741j:plain

さてさてのんびりしすぎましたが帰ります!

また来たいけれど、あの崖危険だし、次のチャンスはないだろうな・・・

バイバイ。日向鉱山。戦争のない平和な時代、山奥でひっそりと朽ち果てていってね~

 

f:id:toukoa37:20180505233341j:plain

って、帰りはサクサクっと行きたいんだけれど、今度は山友noster-o氏がなぜかGEORGIA缶の歴史について語りだして、全然先に進まね~!しかも全種類落ちてたし!!

ヲタクの話は基本的に面白いので、ついつい引き込まれてしまう。いかんね♪

f:id:toukoa37:20180506002350j:plain

最後まで、なぜか中学生は石をコンコン。そして大滝沢沿いの林道は、こんな崩壊しまくってる崖ばかりです。今年の夏、台風直撃とかしたら、もうきっと行けなくなるんじゃないかなぁ。

f:id:toukoa37:20180506003244j:plain

稲ヶ沢分岐までたどり着いたら、ゴールはすぐ目の前。

お疲れ~と目の前の沢にドボンしたら、めっちゃ冷たい(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

ゆ、雪解け水だったかぁぁぁぁ~!

f:id:toukoa37:20180506003433j:plain

そして川辺の石までも気になってしまうようになった私達。

今日は一日とても勉強になりました。皆の笑顔が見れて、本当に主催(?いやむしろ幹事みたいな?)してよかった!

残り30分ほど歩いたら、本日のツアー?は終了!

 

今回はハラハラ・ドキドキの大スペクタクルアドベンチャーみたいな感じで、企画した私にはちょっと荷が重かったかな・・・と少し反省しています。

無理良くない。でも楽しかったし、noster-o氏にも会いたかったし。

私の大好きメンバー全員が集まる、このタイミングは逃せない!と思ったので、結果オーライってことにします♪(*´ω`*)

次は危なくない西沢金山あたり、一緒に行きたいな。

 

この後は上栗山の黄金の湯でのんびり温泉へ♪

f:id:toukoa37:20180505144136j:plain

人誰もいなかったので、こっそりパチリ。

ゆっくり出来たし、源泉掛け流しだし。言うことなしの1日でした!

 

 

 

最後に・・・

危険箇所の写真なんだけど、伝わるかなぁ??

f:id:toukoa37:20180505180422j:plain

これは4/22時点での写真。29日に行ったらロープ切られていました。

うすらある踏み跡は22日の時は土が水分含まずボロボロで足場が固まらず、完全にロープがないと川まですべって滑落する状態でした。

29日は3日前に雨が降ってくれたおかげで地盤が少し固まってくれたか、足場は前回と比べたらきちんとある状態。ロープが外されていましたが、十分渡ることができました。いやちょっと危なかったけど(汗)

私も帰りに一瞬下見てしまったせいで、足がすくんでしまい、後ろから中学生に「へぃへ~ぃ」してもらって、どうにかこうにか渡りきれた状態でした。

とにかく、ここいらの岩盤がボロボロ!

「だって、方解石だし・・・」と鉱物マニア達は言ってましたが、そんな1言で納得出来るかーぃ!

 仕方ないことなのだけれど。確かに方解石が崩れて、砂漠状態になってるところ、いっぱいあったしね。

行きたいと思った方は、今年の栗山ツアーでも開催されるようですので、そちらへ参加されることを強くオススメします。いや本当に。

私はこの崖が怖いんで、次行くなら沢ルート探索しながらかな?

【初詣】宇都宮羽黒山に行ってきたよ【超低山登山】

f:id:toukoa37:20180121221544j:plain

宇都宮羽黒山からの景色。

正月太り解消と、初詣を兼ねて。地元の神社へテクテク。歩いてきました。

 

新年あけましておめでとうございます。

今年も登山頑張りたいと思いますので、温かく見守っていただけると幸いです。

 

というわけで、久々の更新ですみません。

なんだか・・・羽黒山行ったあと、ロクなことがなかったんですよ!

実は、12月のクリスマスイブにも行ってたんですが、職場で風邪が流行していたのをどうにかして!と、うーとーと(お祈り?祈祷?)したら、より一層流行しやがりまして!

より残業続きとなり、本当に死にそうになって。

今回1月は、風邪気味から気管支炎になり、水すら嚥下出来ないという状態に・・・(TOT)

 

地味に、不幸なことが、起こって、る・・・??(汗)

 

なので記事にする気力がまったくなく。

でもまぁ、YAMAPにはUP済みだったし。風邪も治ったことだし、やっと重い腰を上げました。

てなわけで、詳しい軌跡はこちらを参考にしてくださいね。

羽黒山と梵天の湯 | 篠井富屋連峰(宇都宮アルプス) |YAMAP 登山・アウトドアの新定番

 

今回は羽黒山だけだと距離も少ないので、梵天の湯出発にして、ちょっと強度を上げてみました。地元の人は知っているけれど、ここ。歩かなくても車で行けちゃうスポット。でも、良いところですよ。ホント。

 

というわけで軽く報告ですー

(面倒なので、12月と1月の写真ごっちゃまぜしてます。ごめんちん)

 

梵天の湯出発

f:id:toukoa37:20180121223750j:plain

奥に見えるのが羽黒山

こちらは駐車場がとても広いし、帰りに温泉に入れるし、野菜もリーズナブルに買えるし、もちろんご飯も安いので、私的超オススメスポットです。

ただ、名物のゆずソフトクリームは、当面販売しないそうです・・・ギャフン!

あと、近くに上河内地区市民センターがあって、羽黒山の詳細が載ってるパンフがあります。歴史や伝承が知れてなかなか良かったですよ。土日も開いているので、行く前に寄ってみてもいいかもしれません。

 

❍鬼怒川沿いをテクテク歩く

f:id:toukoa37:20180121224043j:plain

羽黒山目指して、鬼怒川沿いをテクテク歩きます。

余談ですが、ここの川は猟場だったりします・・・

f:id:toukoa37:20180121224449j:plain

クリスマスイブは、なぜか男性2名と行ってきました(´∀`*)ウフフ

浮かれたオイラに、神様の鉄槌がくだされたんだと思ってる。

f:id:toukoa37:20180121224622j:plain

羽黒山入り口へ。梵天の湯からここまでだいたい1時間ぐらい。

ウォーミングアップによい距離ですね。

f:id:toukoa37:20180121225856j:plain

鳥居を過ぎると、一瞬で空気が変わります。神聖な場所。

参道のちょっと歩きづらい石畳をテクテクと。歩いていきます。

f:id:toukoa37:20180121230146j:plain

伝わらないかもしれないけれど、結構急坂が続いて、かな~り息が切れます。

ナメてかかると痛い目にあいます。でも空気が良いし、参拝者も多いので、会話しながら楽しく登っていけますよ。

f:id:toukoa37:20180121230435j:plain

最後の急坂「カラッソ坂」

ハイカラな名前とは裏腹に、一つ階段登るごとに煩悩が消えるとかなんとか・・・

これ、登山じゃなく普通に参拝に来てたら、結構辛いんじゃないかなぁ?

f:id:toukoa37:20180121230847j:plain

坂の途中にあった展望台。歩いてきた梵天の湯あたりが一望です。

f:id:toukoa37:20180121230942j:plain

そして神社へ。

f:id:toukoa37:20180121231025j:plain

1月の正月明けに行った時は、甘酒を振る舞ってくれました。焚き火でぬくぬくしながら、おいちゃん手作りの甘酒をいただく・・・

なんかいいな~こういうの。

f:id:toukoa37:20180121231305j:plain

神社を通り過ぎると、展望台があります。日光連山と宇都宮アルプスが一望です。

天気が良い朝には富士山が見えるそうですよ。

f:id:toukoa37:20180121231434j:plain

もうちょい先、NHKのアンテナ基地局みたいなところを過ぎると、頂上へ。

うむ。来てみたら、栃木100名山になる理由がなんとなくわかった。良いとこじゃ。

この先の神社も、彫刻が素晴らしいので、一見の価値ありです。

f:id:toukoa37:20180121231644j:plain

最後はこの景色を見ながら、山ご飯♪

12月のときは、肉まん蒸したんですけど、写真忘れ。

f:id:toukoa37:20180121221544j:plain

1月はお汁粉~♪ 草餅が美味しかった~ ウマウマで帰ります。

f:id:toukoa37:20180121231901j:plain

1月6日現在、ちょっとだけ蝋梅が咲いていました。

2月に蝋梅祭りがあるのかな?ゆっくり長く咲くとのことなので、ちょっと楽しみ♪

f:id:toukoa37:20180121232028j:plain

帰りは、参道から途中折れて、だいだら坊の岩方面へ行きます。

f:id:toukoa37:20180121232113j:plain

ちょっとした大きい岩が『だいだら坊の岩』

だいだらぼっちがこぼした小石だそうな。

なんだかパワーがありそうだね ってことで、ありがたく貰っておく。

f:id:toukoa37:20180121232227j:plain

このあとは、「ユッピー」と書いてある方向に進みます。こっちのほうが山道で超歩きやすいです。くだりは参道よりもこっち使う方がいいですよ。石が滑って参道はちょっと危ない・・・

f:id:toukoa37:20180121232409j:plain

で、ユッピーとはなんぞや?って話なのですが・・・

f:id:toukoa37:20180121232438j:plain

かなり降りてきたところにあった、広場と展望台のことなのかな?

f:id:toukoa37:20180121232536j:plain

下山してきたところに看板が。でも朽ち果ていて詳細不明。

あとで調べたら、ユッピーとは、上河内地区のゆずのキャラクターだそうです。

f:id:toukoa37:20180121232845j:plain

帰りも鬼怒川沿いをテクテクと。梵天の湯まで歩いて終了です!

 

昼食入れても4時間半程度なので、遅く起きた週末に行ってみたらいかがでしょ?

危険箇所はもちろんないですし、アップダウンも程よい感じなので、久々の山登りだから体力が不安~なんて時にもオススメだなぁって思いました。

 

ただ、私だけ。神様に嫌われる感があるので、そこがナ・・・(泣)

 

【低山ぼっち】宇都宮アルプス縦走してきたよ【里山歩き】

f:id:toukoa37:20171217203911j:plain

ハイサイ!寒い日が続きますが、皆様、風邪などひかれていませんか?

我が職場では12月に入ってから、胃腸炎や体調不良により休まれる方が多く、仕事のしわ寄せが結構ありまして、ずっと残業続きに・・・

趣味からも山も完全に遠ざかってしまい、ストレスが~!!!

てなわけで、ちょっと朝早く起きれた本日、ずっとクリアしたかった宇都宮アルプス完全制覇に行ってまいりました。

ついでに、地図アプリの性能を再確認したのと、ヤマレコの重要性をやっと理解してきました(苦笑)。いやごめん。昭和の人間なので、技術の進歩についていけないんだわ。

というわけで、簡単ながら報告っとな。

 

9:00 宇都宮冒険活動センター 出発

f:id:toukoa37:20171217203619j:plain

本日冬型の気圧配置のため、風が予想以上に強めだったので、どうしようかなぁ~とか悩んでいたら、出発が遅れてしまった・・・

今日は篠井の冒険センターから、徳次郎登山口までの縦走なのでサクサク進んで行きますよ。

f:id:toukoa37:20171217210938j:plain

冒険センター内の建物には人がいっぱいいました。寒い中、子供が暴れていましたよ。

ちなみに地図も事務所でもらえるようです。ゲットしておきましょう。

f:id:toukoa37:20171217211104j:plain

9:10 登山口到着

来年1月までは伐採関連で他のルートは通行禁止だそうです。ここからさくさくと登って行きます~

f:id:toukoa37:20171217211500j:plain

10分ほどで展望台到着っとな。前回は日光連山よく見えたのですが、残念。

さて、ここからは、なかなかの急坂を登って行くと・・・

 

9:40 榛名山 山頂

f:id:toukoa37:20171217213425j:plain

1座目 制覇っとな。少しモヤってるけど、里山がいい感じで見える。素敵。

f:id:toukoa37:20171217213604j:plain

だいぶ登って来たねぇ~♪ ここからの景色も好きですが、次の山に行きますよ。

9:55 男山到着

f:id:toukoa37:20171217213945j:plain

2座目制覇!山頂プレート撮影忘れちゃった。風強くなってきたので、先急ぎます!

 

10:20 本山 到着

f:id:toukoa37:20171217214224j:plain

サクサクっと3座目制覇!

日光方面ガスっちゃって見えないけど、とりあえずここで休憩っと。

実は黙々と登ってしまったせいで、途中の鉱山跡??発掘跡地??の案内板見逃してしまい、地味にショックを受けていたり・・・(^_^;)

でも大丈夫。実は本山山頂の直下に、採掘坑跡があるんだよぉ~♪(´∀`*)ウフフ

f:id:toukoa37:20171217214841j:plain

どど~ん!伝わらないだろうけれど、結構深いのでちょっぴり怖いスポット。

山頂の手前、左側に踏み跡があります。奥の方まで撮影したかったけど、怖くて無理ったら。

このあたり見渡した感じでは、3つぐらい坑口みたいな穴がありました。写真のは露天掘りの跡らしいです。長さ100mほどもあり、見ごたえありますよ。

篠井金山、富井鉱山と呼ばれたこのあたりは、金の他に紫水晶なんかも採れたらしく、歴史的(鉱物学的)にはかなり有名な場所なんだそうです。

このまま沢のあたりまで坑口穴があるんだそうで、ちょい昔、「鑑定団」で富井紫水晶が100万という鑑定結果が出たことで有名になり、鉱物マニアがこぞってこのあたりを発掘したとかなんとか。(ネット情報なので確認してませんが。)

人間の欲を垣間見る一瞬。

というか、地元宇都宮のこと、知ってるようで知らないもんですな。

日向鉱山跡を訪れて以来、俄然、鉱山跡に興味が湧いてきたので、篠井金山・富井鉱山をちゃんとしっかり調べてから、また改めて訪れることにしましょう。

※2018.2.5 ブログ一番下に篠井金山の歴史について、まとめを書いてみました。

f:id:toukoa37:20171217220723j:plain

というわけで、次の飯盛山へ向かいます。

ここからは行く人も少なく、道も時々悪し。のっけからロープとかもうねwww

しかもこの、小さい案内見逃して、道迷いしました・・・(汗)

低山登山の洗礼を受けた感じです。いや、踏み跡ちゃんと見ていれば間違えないんですが・・・

f:id:toukoa37:20171217221011j:plain

オバカな私は間違えたけど、ちゃんと案内板はあるので基本的には大丈夫。

f:id:toukoa37:20171217221145j:plain

植林の中をテクテク歩いていく。

f:id:toukoa37:20171217221228j:plain

鉄塔の横の急坂を登って行くと・・・

f:id:toukoa37:20171217221334j:plain

11:20 飯盛山 到着

4座目制覇ですが、微妙な写真しかなくてすんません。お夫婦が楽しそうにご飯食べてたので、撮影控えました・・・

そんでもって、ここの山頂は広いのに、なぜか端っこにちょこんと座って、休憩がてら素敵なご夫婦としばし情報交換。

梵天の湯から羽黒山までのハイキングコースを勧められた。1月末から蝋梅が見事なのだそうです。それは楽しみ♪

f:id:toukoa37:20171217221802j:plain

ご夫婦はここから冒険センターへ戻るとのことなので、ここで別れて、私は高館山へ。言い忘れましたが、基本的に宇都宮アルプスの山々、山頂付近は急坂です。しかも落ち葉が滑る滑る!ロープがないと危ないってば。

ヒィヒィ言いながら降りて行くと~

f:id:toukoa37:20171217221924j:plain

一度林道に出ちゃいます。ここに車を駐めて登られてきた方もいらっしゃいましたよ。

ここからは少し林道を歩いて、分岐を探します。

f:id:toukoa37:20171217222142j:plain

看板が壊れてる・・・このあたりから、地図アプリが活躍しだします。

f:id:toukoa37:20171217222253j:plain

雰囲気もなんか暗い・・・地図アプリのおかげでどうにか行けてるが不安だ・・・

f:id:toukoa37:20171217222342j:plain

まぁ歩きやすいし、昭和な看板もあって癒されるっちゃ癒されるんだけど。

f:id:toukoa37:20171217222526j:plain

12:05 高館山 到着

景色悪いけれど、ここも山頂広い!ここで5座目制覇とな。

「友達100人出来るかな~♪」の、おにぎりが似合いそうな山だなぁとか思いつつ、次に向かいます。

f:id:toukoa37:20171217223018j:plain

ここから、徐々にヤブっぽくなってきます。人の気配なんぞありませぬ。

f:id:toukoa37:20171217223114j:plain

ここ行くのかぁ・・・なんか蛇とか突然降ってきそうで嫌だなぁ・・・

f:id:toukoa37:20171217223223j:plain

ヤブを抜ければ、一応快適な登山道に。そして・・・

f:id:toukoa37:20171217223350j:plain

12:30 黒戸山 山頂

6座目~!てか、通過点です。ここ。てなわけで、中徳次郎(とくじら)登山口方面へ降りていきますよ。(写真が暗いのは、フラッシュ持ってくの忘れたから)

f:id:toukoa37:20171217223539j:plain

黒戸山からの眺め。今まで歩いてきた山と里山が一望できます。

f:id:toukoa37:20171217223707j:plain

黒戸山から急坂を降りて、林道へ。

f:id:toukoa37:20171217223829j:plain

やっとここまで降りてきました。が、ここからが私にとっては一番の試練。

まず左折(下に降りる感じ)して、鬼山?になるのかな??

f:id:toukoa37:20171217224019j:plain

カーブミラー横のピンクのテープが取り付き点とかもぅwww

こんな経験始めてなので、超ドキドキしながら登っていったら、ボルダリングの方々に遭遇!ちょっと人に出会うと思っていなくて、激しく動揺してしまい、挨拶出来ませんでした!本当にごめんなさい!!!

f:id:toukoa37:20171218004836j:plain

そしてこの山、巨大な岩ばかりでちょっち怖い。ボルダリング的には良いところなのかしら?あまり興味がないからわからないわ・・・

f:id:toukoa37:20171217203911j:plain

てなわけで、7座目の山頂なんだけれど、看板ない上に、地図上では「兜山」みたい。

でも鬼山って言う人もいるんだよね。私的にはこだわりはないので、どっちでもいいです。そんでもって、下山時に踏み跡間違えてヤブを突き進むことに・・・トホホ・・・

f:id:toukoa37:20171217224441j:plain

再び分岐の林道に戻って、次は右折方面へ。

ちなみにこちらの取り付き点には「兜山」との案内が・・・

地図ではさっきの山が「兜山」なのですが、どっちが正解なんだろ?

まぁ、細かいことは気にしない。どちらも大きい岩がお出迎えするので、変わり映えしませんし。

f:id:toukoa37:20171217224902j:plain

そして、地図アプリではこのあたりが山頂と言っていたんだけど、プレート見つからず。てか、たぶんこの岩を登らないと行けなかったんだろうなぁ・・・

一応8座目ってことで。

分かれ道をなぜか右に曲がってしまったのだけれど、たぶんまっすぐですね。一周出来るのかと思ったら、そうは行かなかった・・・

同じところをぐるぐるしてしまって、不安になって戻ってしまったので、どこかのサイトで見た看板までたどり着けませんでした。無念!

というわけで、縦走終了!このあとは長い林道歩きだよ~!

 

13:30 ~ 14:30 テクテク歩いて、スタート地点へ(1時間歩いたのか・・・)

f:id:toukoa37:20171217225223j:plain

人気のない林道を歩いて歩いて・・・

f:id:toukoa37:20171217225714j:plain

田園風景の中を歩いて歩いて・・・

f:id:toukoa37:20171217225838j:plain

14:30 スタート地点の駐車場到着!

最後の、この1時間の歩きが一番寒くて辛かった~!(TOT) もう二度とやらない!

体冷え冷えで温かいもの食べたかったのですが、駐車場にある食堂は、午後2時までの営業で無念・・・

おとなしく家に帰りましたとさ・・・(´・ω・`)ショボーン

 

というわけで、宇都宮アルプス制覇してきました。

菓子パン1個でトータル13.9km。2200kcal消費しつつも元気に歩けたのは、たぶんストレス食いで中性脂肪を溜め込んでいたからかな?

でも内臓まで冷え切ってしまっていたので、一瞬胃腸炎っぽくなってしまい、ちょっと危なかった。

そして、地図アプリがないと全然ダメダメで、だいたい分岐の踏み跡を見逃す私のスキルの無さに呆然。

少しづつ、スキルを身に着けて行こう。あと、寒いので防寒着も身につけて行こう!

 

 

追記 ※2018.2.5

篠井金山について、ちょっとだけ調べてみたので簡単にまとめ。

金山開発の経緯は不明なんだけど、市の無形文化財にも指定されている「篠井の金掘唄」から推測するに、室町(戦国期)時代から江戸時代初期にかけて金鉱が発掘され始めたらしい。

詳しく言うと、水戸藩の佐竹氏が絡んできますね。茨城の方では佐竹氏主導で金山開発が盛んに行われていて、宇都宮氏21代目当主広綱(1545-1576)のところに佐竹氏の娘が嫁いできたことをきっかけに、金山開発が本格始動したようです。

この当時使用されていた鉱石を砕いた石臼などが、近隣農家の庭先にあるそうなんですが、、、 

見てみたいけどこのご時世、勝手に人の家の庭見たら不審者になるので注意な!!

 

そんでもって、1856年に宇都宮藩が金鉱山の再開発を幕府に願い出て、幕末まで採掘されていたようで、1857年の産金額は20貫(75kg)ほどはあったそうです。(その後は不明)ただ水抜工事とか諸経費がかさみ経営は困難を極め、長続きせず。資金欠乏のため廃坑に。

んでこのあと、何度も中止と再開発がくりかえされます。

一番発展したのは、明治30年頃。三井鉱山(株)により大々的に開発が進められるも半年ほどで撤退。この時、百数人の人夫のための社宅や溶鉱炉(?私メモに書いてあったんだけど、今見返すとホントかしら?)も建設されたようです。

三井のあと、大篠鉱山→日立鉱山→日東鉱山→富井鉱山(東邦亜鉛)と金主が次々変わります。富井鉱山の時は、金じゃなくて銅山として稼行し、昭和48年に閉山。今に至ります。

なお私的まとめなので、間違いがあるかも。知りたい方は、参考文献で確認されたし。

 

あと、富井鉱山から出た『紫水晶』。

現在、那須野が原博物館にて企画展「みんなの鉱物大百科」にて展示されてますので、ご興味がある方はぜひ行ってみて。

展示 企画展 企画展 栃木県立博物館移動展 みんなの鉱物大百科 那須野が原博物館

鑑定団で高額査定ってのは本当だそうですよ。ヨカッタ!

 

県内の鉱物が一同に集まっていて、とても勉強になりました。ポスンジャック石という名前と色が一番のお気に入りです。

この世界も奥が深いなぁ。

 

というわけで、調査終了!

鉱物よりなにより、宇都宮藩のドロ沼の歴史が一番ムカついて気分悪かった。

 

参考文献

❍篠井ガイドブック ふるさとの歴史と風土 篠井ガイドブック編さん委員会 平成14年2月

❍篠井村郷土誌 昭和6年末編集発行

❍しのいの散歩道 阿久津 義正 2013年11月発行

❍第109回企画展 こんなにあるよ!とちぎの鉱物 鉱山と鉱石のものがたり~ 栃木県立博物館 平成26年7月19日発行